「写真が生きてる」とお褒めいただきました。なぜか、考えてみました。

*********************

 

 ☆撮影全般は
心で撮るふぉと

☆起業女子さまのプロフィール+カバー写真撮影は
セルフイメージフォト

 

☆スマートフォンカメラ教室は
出張カメラ教室スマートフォンカメラを楽しもう!

 

☆デジタルカメラ・デジタル一眼レフカメラ教室は

※5月からお休み致します

 

☆ポストカードなどのグッズ販売はこちら

 

 
☆お誕生月の方は是非!
 

*********************

 

☆心で撮るふぉと
☆心を整える+映すカラーセラピー

☆ここっと☆

美脳フォトグラファー きみえです。

@東京都日野市

いかがお過ごしですか。

 

 

 

 

 

先日ある方から

「ここっとさんの撮る写真は生きてる感じがする」

とコメントを頂戴致しました。

その方がおっしゃって下さった

「写真が生きている」

 

とはどういう事なのか。

考えてみました。

 

 

 

 

心掛けていることは

☆キャッチアイ・キャッチライトが入るように撮る

☆編集時にモデルさんの肌がキレイにみえるよう編集する

☆構図

☆絞り(F値)や背景・距離を気にする

 

 

今回は

☆キャッチアイと

☆肌がキレイにみえるよう編集する

を少し書きます。

 

 

 

まずは

☆キャッチアイ・キャッチライトが入るように撮る

 

 

 

キャッチアイあり

キャッチアイ-なし

 

 

 

 
キャッチアイ・キャッチライトがある写真とない写真です。

瞳に光があるか・ないか

これだけでも写真の印象が変わります。

顔に光をあてると肌も艶っとしてみえますよね。

 

表現したい写真に合わせで

キャッチアイを入れたりしてみるといいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

☆編集時にモデルさんの肌がキレイにみえるよう編集する

 

これはいつも心掛けています。

触れてみたくなる様な肌や

写真にしたいので。

 

露出補正や明るさをあげたり下げたり

コントラストをいじってみたり。

その方の肌がキレイにみえるよう編集します。

 

 今回書いたことは

スマートフォンカメラ

一眼レフカメラ

カメラの種類は関係ありません。

お子さんや御家族

ペットちゃんやぬいぐるみの写真を撮る時に

キャッチアイが入っているか。

少し気をつけるだけでも

いつもの写真と違ってくるのかなと思います(^^)

ありがとうございます(^人^)
ここっと きみえ

****************

Instagram


プライベート写真載せています

Facebook

ここっと☆公式☆Facebookページ

Twitter

たま~につぶやきます。

 

LINE@

@lmj0106r
****************
素敵な時を過ごせます様に☆
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中